オーラソーマ・カラーケアシステムのロゴ

ちょっと怖い話〈弍〉

2022-07-23

居た居ないの後病室に戻って来た私はちょっと怖かったので早々布団の中に、病院の消灯は21時、今2110分過ぎ、まだまた寝れるはずも無く。。。

そして夜になると気になってたのが、個室初日から聞こえてた外のカサカサと乾いた葉がコンクリートの角で擦り合ってるみたいな音『明日お掃除の方に取ってもらえるようにお願いしよ』と思ってゲームしながら頑張って寝ます。

次の朝お掃除の方に窓の隙間から葉っぱ取って下さいとお願いしたら、「ここにコンクリート角は無いよ、と言うか窓の外は何もないよ」

えっ?!(・◇・)

見ると、ここは6Fこちら側には木も無い、四角い箱に窓が嵌め込んであるだけって感じですね。

えええーーーー!じゃああの音は何???🙁;゙゚ω゚‘):

『(無理無理無理個室無理)今日から隣の4人部屋にお願いします(何でもします、ちゃんと残さず食べます、ご迷惑は最小限にします)』

そして無事4人部屋。お隣はとても癖のある皮肉屋のご婦人(看護師さん談)だそうですが、得体の知れない音より全然平気、全く問題無しです( *• ̀ω•́ )b グッ

さあさあ夜ですよ。

ご婦人の方々は早々寝てますよ💤

夜中1時を過ぎた頃、そろそろ寝ようと思った時、ソレはやって来た。

私のベットの右側にクローゼットがあってそこの棚にTVが置いてある、クローゼットの反対側はお隣のご婦人のクローゼット、リバーシブル的な出来です。

寝ようと思って目の緊張を解いた時、TVの後ろを人が通ったんです。

歩いてた、とか、スーッととか、とちょっと違う感じで、通ったんです。ありえないありえないすると私はそのまま動けなくなって怖くてアワアワ

この時どうなってたかと言うと、私のベッドは窓側で窓が左側、カーテンと自分のスペース用のカーテンがしてある。右側はTVでクローゼット。

その時クローゼットとTVの間を何かが横切って行ったんです。

私の目はまだswitchで冒険をセーブしようか?って所を半分見てて半分何かが通ってる所を見てるって感じ。

同時に恐怖心と吐き気と腹痛(恐怖がある所に行くと腹痛になる体質です)が来てるのに身体が動かなくて、セーブしないと電池切れで落ちちゃうと心配しながらの自分フリーズ()

その時7秒位、すると隣のご婦人がスーパー袋を大音量で取り出しトイレトイレと呟いていて、同時に私の身体は動き出しました。嫌な汗💦びっしょり💦ご婦人、ありがと〜۝)

次の日の昼前には皮肉屋ご婦人とすっかり大の仲良しになってました、そして全然皮肉屋ではなかったですよ。

でも、見えるのは夜だけじゃ無いって事をこの後つくづく思い知らされます……つづく。